climbers

社長メッセージ

“未来に向かった挑戦を期待しています”

小田急電鉄株式会社 取締役社長 星野 晃司
コロナ禍を経て大変厳しい事業環境に直面していますが、これまで以上に企業成長のためにはイノベーションへの取り組みが必要となっています。
イノベーションとは、新しいテクノロジーだけを指すのではなく、社会や顧客に対して新たな価値を創造するための幅広い変革を意味します。
ビジネスを検討する際に、これまでは、リスク分析を何度も行い、たくさんの説明資料を作るなど、石橋を何度も叩いているうちに、世の中が既に変わっているといったことがあったかもしれません。これからは、顧客の声を聞きながら、プランを柔軟に軌道修正するスピード感が重要です。
Odakyu Innovation Challenge「climbers」は、みなさんからアイデアを募り、より魅力あるアイデアに育て、事業化を目指すプログラムです。多くの人に応募を促すオープンスクールをはじめ、応募者へのサポートや外部連携によりイノベーションにつながる仕掛けなども盛り込まれています。仮に失敗しても事業を立ち上げることは得がたい経験となり、小田急グループ全体にとって、その人材と経験は大きな財産になります。
多くの社員が情熱をもって「climbers」に参画し、未来へと向かう小田急のチャレンジの輪が広がっていくことを期待しています。

2021年5月
小田急電鉄株式会社取締役社長
星野 晃司